FC2ブログ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

{め~ぷる}gioぷるの日記帳{メ~プル}
オンラインゲーム・メイプルストーリーの椿サーバーに所属してます。よろピクね。拳メインです。自分のペースで更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 10ノ書~心の中の悪魔~
AMASARUは任務の途中、たまたま通りかかっただけのようだった。

うーむ、しかし6年違うとあんなに違うのか。

渋くなっていた。

彼はこのままギルド員と落ち合うとの事で、

またどこかで会うことを約束し、去っていった。


これから必要になるだろうと、食料とお金を少しだけ分けてくれた。

助かる。この時代に目覚めてから、お金も食料も尽きてきた。


・・・・


神殿入り口まで戻ってきた。


亡霊はやはり戻ってきたかと言わんばかりの顔で、

どうかしたか?

と訊ねてきた。

20110121-1.jpg


今まで起きたこと、

自分の傲慢さから死にかけた事等を話した。

すると、亡霊は


そこまで気づいているだけで十分だが、

自分の心により近づいてみるか?

と言ってきた。


・・・よくわからないが、僕はとにかくこの時代で生きる力が欲しかった。



亡霊に目をつむるように言われ、その通りにした。


20110121-2.jpg



すると、闇が迫ってくる。


闇が


僕を覆い尽くす。



数日前、目を覚ました時に化物に囲まれて、もうこれ以上の恐れはないだろうと思っていたが、

怖い。

闇が迫ってくる。


・・・・・・・・・


・・・


20110121-3.jpg


すると、目の前に最初に出会ったあの化物が!!!


なんだ、なんなんだ。



20110121-4.jpg


痛い・・・これは夢じゃないっっ



僕は必死に戦った。

最初の頃のトラウマが折り重なるように僕の脳裏に思い出される。


どうにか倒すことができたが、化物を倒すと・・・・


20110121-5.jpg

これは僕の心の弱さなのだろうか。

傲慢と自信は違う。傲慢は強さに繋がらない。


・・・・



目を覚ますと、

亡霊が消えかけていった。


・・


亡霊は、僕がこれからも無事に生きていけることを祈っていると言い、

僕の頭をなでた。


その手のひらの温もりは、まるで

父親

のようであった。



身体に力があふれ出る。



・・・強くなろう。まずは生きていくための基礎体力が必要だ。




>次回 修行修行



ボヘミアンラブソディー、どこかで聞いたことあるかな?
これ日本語に訳すと結構残酷なんだよね。
でも結構好きです。


スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nikegiogioblog.blog71.fc2.com/tb.php/224-49c4720e
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。