FC2ブログ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

{め~ぷる}gioぷるの日記帳{メ~プル}
オンラインゲーム・メイプルストーリーの椿サーバーに所属してます。よろピクね。拳メインです。自分のペースで更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 20ノ書~最重要人物~
新たな決意と目的のために歩みだした。


まずはgioぷるさんの知り合いを見つけて、
やぁちぃさんを探す手がかりにするんだ。



・・・・・・・・・・

洞窟を抜けようと歩いていると


20110305.jpg


ダンボール男がいた。




どうやらこの男、何か強い力を感じてテレポートしてきたらしい。


・・・このダンボール・・見た目はアレだが凄い性能だな。



僕はgioぷるさんの話しをした。





20110415-1.jpg



ダンボール男は大変なショックを受けていた。



ダンボール男は言った。


シェルターはこの世界の色々な場所に作られた。


それは、世界の人々を少しでも守るため。


それぞれのシェルターには責任者がいて、もちろんgioぷるさんは

その中の一人であった。

彼がシェルターの人々のために命を落とした事に

大変悲しんでいた。

・・・・・・・・


彼は自分のことを話し始めた。


普段は正体を隠しているが、

僕がgioぷるさんの力を少し受け継いでいることが

話す決め手だったらしい。


20110415-2.jpg


なんと、彼は


当時の総理大臣の息子であった。




もちろん総理大臣といえば、冷凍保存プロジェクトはもちろん

シェルターのプロジェクト、全てのことを知っている者。


その息子。


彼はこのプロジェクトの全貌を話はじめた・・・




しかし



ドンッ


どこかで銃声音がした。



その瞬間、僕は突き飛ばされていた。





20110415-3.jpg


時が止まったようにゆっくり動く



20110415-31.jpg



しかし、身体が動かない。


動け


動け


今なら間に合う





しかし次の瞬間、彼の身体を弾丸が貫いた。



・・・・・・・・・・






・・・・・・



シェルターの防衛システムが誤作動したのか、

何故このようなことになってしまったんだ。


僕は気が狂いそうであった。


無心で道なき道を進む。僕はどうやら心を失ってしまったようである。


20110415-4.jpg




次回>新章へ「風ぷる君」





------------------------------------------------------


ご無沙汰しております。


どうも最近は忙しさがハンパないです。


何度泣きそうになったことか。

でも皆さんが慰めてくれるので、甘えてます。

ここまで忙しいと、自分が正直何をしたいのか全くわかりませんね。


なんとかやっていっております。


メイプルまったくできませんが・・・。今日は久々に少しできそうです。









スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

ダンボール男死んじゃった
重要な役くれとかせがむからそうなっちゃうんだ
わしなんか何もしてないのに悪役フラグが立ちつつある

ぷるさん忙しそうだね
でも頑張ればそのうちいいことあるよ。きっと。
【2011/04/16 18:56】 URL | とる #- [ + 編集 +]


ねー
最重要人物の処理をどうしようか迷ったあげく
こんな処理です^p^

とるさん悪役に・・・・していいのかな^p-
うん。いいことあるの信じてがんばる・・・!ありがとう!
【2011/04/17 21:07】 URL | giopuru #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nikegiogioblog.blog71.fc2.com/tb.php/244-1533746e
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。